本文へスキップ

アミーゴたちの宿“ヤスダペンション”は、JR高山駅より車10分、静かな里山にあります。

電話でのお問い合わせはTEL.0577-34-5550

〒506-0035 岐阜県高山市新宮町3353-1

周辺観光地

高山祭

春の山王祭(4/14〜4/15)、秋の八幡祭(10/9〜10/10)と年2回行われる飛騨高山のお祭です。
一番の見どころはからくり人形を並べた屋台曳揃え。
春は宮川を中心とした市街地の南半分が氏神となり、御旅所前広場をはじめ所定の場所に曳き揃えられ、秋は宮川以東の北半分が氏神となり桜山八幡宮境内と記念道路に曳き揃えられます。 高山のからくり人形の技術の妙技を是非ご覧下さい。


朝市(宮川・陣屋)

江戸時代から米市、桑市、花市などの市として発展したのが朝市です。
新鮮な野菜や果物、花や民芸品など四季折々の品が並びます。
高山では宮川と陣屋の2箇所で朝市が開催されています。
宮川朝市は、高山市街の中央を流れる宮川に沿った国分寺通りの鍛冶橋から弥生橋にかけての500mほど。陣屋前朝市は、高山陣屋の前で行われています。もんぺ姿のおばさんたちの素朴なやりとり、粋な飛騨言葉も楽しみのひとつです。

 

飛騨の里

豪雪に耐えてきた合掌造りや榑葺きの屋根など、飛騨の代表的な民家約30数棟が建ち並び、昔の農山村の風景を形作る民家の博物館です。 各民家では、農山村の生産・生活用具を数多く展示しているほか、隣接する民俗村では、飛騨の伝統的な産業を体験したり、飛騨の暮らしの原点にふれられる施設もそろっています。
明治浪漫の建物、水車小屋、豪雪に耐えてきた合掌造りの民家を巡りながら昔の暮らしに思いを馳せてみてはいかがですか。 夏には夜間のライトアップ企画などもあり、年中様々な催しが行われています。


古い町並み(さんまち通り)

城下町の中心、商人町として発達した一之町、二之町、三之町の三すじの町並を合わせて三町と呼んでいます。
出格子のつらなる軒下には用水が流れ、造り酒屋には看板ともいわれる杉の葉を玉にした「酒ばやし」が下がり、町家の大戸や老舗ののれんが軒をつらねています。
(国選定重要伝統的建造物郡保存地区)


高山陣屋

高山城主金森氏の下屋敷の一つでしたが、後に徳川幕府の直轄地となり、江戸から代官や郡代が来て、ここに役所をおき、飛騨の政治をとりました。郡代所の建物が残っているのは、全国でも高山だけです。
宮川と並ぶ朝市の名所でもあります。


飛騨高山まつりの森

日本初の地中建築物「高山祭りミュージアム」に繰り広げられる、150年ぶりに新造された祭り屋台や世界一の大太鼓などが展示されています。
隣接する「自然の森」は世界各地で採集された珍しい蝶や化石のほか、自然を満喫できるネイチャー・リゾートです。


白川郷

世界遺産にも登録されている白川郷は、「合掌造りの里」として知られ、大自然に包まれて今もなお200余棟の古色蒼然たる昔ながらの合掌造りの家が残っています。
冬季には夜間のライトアップなども行われ、幻想的な雰囲気に村全体が包まれます。


shop info店舗情報



ヤスダ ペンション

〒506-0035
岐阜県高山市新宮町3353-1
TEL.0577-34-5550
FAX.0577-34-1321
p-yasuda@smile.ocn.ne.jp